merアプリ ライフスタイル 耳までおいしく食べられる!東京・関西で行列のできる食パン専門店BEST5

耳までおいしく食べられる!東京・関西で行列のできる食パン専門店BEST5

耳までおいしく食べられる!東京・関西で行列のできる食パン専門店BEST5

 2019.02.10

関西からブームに火が付いた、高級“生”食パン。東京にも続々と進出し、“生”食パンが旋風を巻き起こしています。今回は、東京にも店舗を構える関西で大人気の高級“生”食パン専門店5つをご紹介いたします。

生食パンブームの火付け役『乃が美』

ライフスタイル画像

生食パン発祥といわれる『乃が美(のがみ)』のこだわりは、なんといっても材料! 乃が美の生食パン特有の芳醇な小麦の香り、すっと口溶けの良い柔らかさは上質な小麦粉のおかげ。また、食べた瞬間、口の中に広がる上品な甘さの秘密は、蜂蜜なんだそう。

もっちりとした噛みごたえのある耳にも注目。かすかにキャラメルに似た風味があり、やみつきになる美味しさなんです。

ライフスタイル画像

乃が美の生食パンを1番美味しく味わうには、やはりそのままちぎって食べるのがベスト。小麦の味や蜂蜜の甘味をしっかり感じることができ、何も付けなくても充分です。

お土産として持って行っても喜ばれること間違いありません!

【店舗詳細】
高級「生」食パン専門店 乃が美
<総本店>
大阪府大阪市天王寺区上之宮町2‐2
電話番号:06-6773-6488
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日(祝日は営業)

<麻布十番店>
住所:東京都港区麻布十番1-9-7 麻布KFビル1F
電話番号:03-6441-3188
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜日

香り・甘み・食感・口溶け...、すべてにこだわり抜いた『嵜本』

ライフスタイル画像

“毎日食べられるごはんのような美味しい食パン”を目指し、2年の歳月かけ開発した食パンを販売している『嵜本(サキモト)』。お店には、小麦本来の旨味と香りを楽しめる「“極美ナチュラル”食パン」と、生クリーム・バター・ハチミツを使った上品な甘さの「極生“ミルクバター”食パン」、2種類がラインナップしています。

1日数回に分けて店内で食パンを焼き上げている嵜本。2種類の食パンが同時に焼き上がるのが11時だけなので、どちらも購入したいという人は、11時を狙って行くのがオススメです!

ライフスタイル画像

“ライ麦とくるみのハードトースト”や“マスカルポーネと蜂蜜の食パン”など曜日限定で発売している食パンにも注目! 看板商品2種類とはまた違った嵜本の魅力を感じることができます。

食パンのほかに16種類のジャムも店頭で販売。食パンとジャムを一緒に楽しめるカフェも併設しているので、お買い物の合間に気軽に立ち寄ってみては?

※曜日限定食パンは取り扱っていない店舗もあります。

【店舗詳細】
高級食パン専門店 嵜本
<大阪初號本店>
住所:大阪府大阪市浪速区難波中2-3-18
電話番号:06-6634-6800
営業時間:11:00~19:00
定休日:不定休

<東京田園調布店>
住所:東京都大田区田園調布2-49-15
電話番号:03-5755-5371
営業時間:11:00~18:00
定休日:水曜日

職人技で作り上げる至極のもっちり食パン『高匠』

ライフスタイル画像

『高匠』の食パンの特徴は、抜群のもっちり感! 熟練の職人でも難しいといわれる「湯種製法」を用いて、手間暇かけて焼き上げることで生まれる、この食感。一度食べたら病み付きなること間違いありません。

また、小麦本来の旨味を引き出して閉じ込めてくれる「湯種製法」のおかげで、ほんのり甘みのある味わいに仕上がっています。

ライフスタイル画像

もちもち食感&小麦の甘み、どちらもベストな状態で味わうなら焼き立てが並ぶ、オープン時間が狙い目です!

高匠では食パンのほかにも小倉バターも販売しています。小豆ならではの上品な甘さがパンと見事にマッチ。何も付けずに、食パン本来のおいしさを味わったあとは、小倉バターをつけて食べてみてください!

【店舗詳細】
食パン専門店 高匠
<阿波座本店>
住所:大阪府大阪市西区靭本町3丁目2-7 横井第一ビル
電話番号:06-6136-3323
営業時間:平日 10:00~19:00/日・祝 10:00~17:00
定休日:土曜日

<JR神田駅ナカ店>
住所:東京都千代田区鍛冶町2‐13‐1 (神田駅構内本屋1号) JR神田駅南・西口改札前
電話番号:050‐3628-0570
営業時間:月~金 12:00~20:00/土 12:00~19:00
※売切れ次第終了
定休日:日曜日・祝日

3日目以降も、ふんわり食感健在『panya 芦屋』

ライフスタイル画像

兵庫の高級住宅街・芦屋に住むマダムもうならせた『Panya 芦屋(パンヤ アシヤ)』。旨味・コク・くちどけを出すため、前日から15時間生地を寝かせて美味しさや風味を最大限引き出した食パン2種類、“Select(セレクト)”と“Premium(プレミアム)”が販売されています。

“Select”は甘さ控えめのあっさりした味わい、“Premium”はバターの柔らかい甘味が特徴。どちらも、ふんわり柔らかい口当たりが楽しめます。

ライフスタイル画像

生食パンならではのフワフワ感を目一杯堪能するために、購入当日は焼かずにそのまま味わいましょう! 2日目は、そのまま頂くのはもちろん、トーストしてサクサクとフワフワの2つの食感を楽しむのも◎。食べ切れなくてもスライスし、1枚ずつ冷凍保存しておけば、3日目以降も変わらず美味しい食パンを味わうことができますよ。

【店舗詳細】
Panya芦屋
<本店>
住所:兵庫県芦屋市大原町11-24ラポルテ北館1F
電話番号:0797-25-7781
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日

<駒沢店>
住所:東京都世田谷区駒沢4-11-12 パークハウス1F
電話番号:03-6450-7173
営業時間:11:00~18:00
定休日:水曜日

併設カフェで絶品アレンジ食パンが味わえる『LeBRESSO』

ライフスタイル画像

“長年食べても食べ飽きない食パン”をコンセプトに作られた『LeBRESSO(レブレッソ)』の食パン。ほんのり甘みのある、炊き立てのご飯のようなもっちり食感が特徴の看板商品「レブレッソ ブレッド」のほかに、チーズやレーズンが入った食パンなど種類豊富なラインナップが魅力的。

夕方になると売り切れてしまう商品もあるため、午前中に行くのがオススメです!

ライフスタイル画像

トーストカフェの先駆けLeBRESSO。併設カフェで味わえるアレンジ食パンも見逃せません! “ストロベリー&カスタードトースト”や“アボカド&ベーコンシーザートースト”などデザート系~食事系まで、色々なトッピングが乗った食パンは必ず味わいたい! SNSにあげたくなる可愛い見た目も注目ポイントです。

平日は朝9時、土日・祝は朝8時からオープンしているので、LeBRESSOでモーニングする人もたくさん。心地よいカフェの空間で素敵な朝を過ごしてみるのはいかがですか?

【店舗詳細】
LeBRESSO
<本店>
住所:大阪府大阪市天王寺区味原町1‐1
電話番号:06-6765-8005
営業時間:月~金 9:00~19:00(L.O. 18:30)/土日・祝 8:00~19:00(L.O. 18:30)
定休日:第2・第4火曜日

<目黒武蔵小山店>
住所:東京都目黒区目黒本町3-5-6
電話番号:03-6712-2780
営業時間:月~金 9:00~19:00(L.O. 18:30)/土日・祝 8:00~19:00(L.O. 18:30)
定休日:第2・第4火曜日



製法や食材によって味わいや食感、キメの細やかさなど変化する食パン。色々なお店の食パンを食べ比べて、お気に入りを見つけてみてください!


文/藤木愛

関連した記事

関連記事をもっと見る