merアプリ ビューティ 毎日のシャンプーを見直すだけ! サラツヤ美髪の作り方

毎日のシャンプーを見直すだけ! サラツヤ美髪の作り方

毎日のシャンプーを見直すだけ! サラツヤ美髪の作り方

 2019.01.06

いつもやっているシャンプーの仕方、本当に合っていますか? 正しいケアをしないと、ダメージ毛やボサボサ髪の原因に…。
ポイントをしっかり押さえて、ダメージのない “サラツヤ髪” を目指しましょう!

正しいと思っていたことが、実は間違ってる?

ビューティ画像

髪を乾かさずに寝るのが良くないというのは常識。でもちゃんと乾かせばOK~ ♪と思っていたら大間違い!
最後に冷風でキューティクルを引き締めないと髪がパサついて見える原因に。

ビューティ画像

乾いた髪にいきなりシャンプーをつけたり、力まかせにゴシゴシ洗うのもダメージを生みます。

正しい洗い方を覚えて、サラツヤ髪をゲットしよう!

【STEP1】シャンプー前のブラッシング&お湯洗いでダメージを防ぐ

ビューティ画像

①髪が絡まったままシャンプーをすると、切れ毛などのダメージの原因に。
ひっかかりがなくなるまで、丁寧にとかしてから洗うのが◎ 粗めのクシなら、摩擦による髪のダメージも最小限で済みます。

ビューティ画像

②1分以上、38度程度のお湯で予洗いをします。
しっかりお湯を全体に浸透させることで、髪の汚れはほとんど落ちるんです!
軽く髪の水気を切っておくとシャンプーの泡立ちがよくなります。

【STEP2】泡で優しく頭皮を洗って健康的な髪に

ビューティ画像

①健康な髪を保つには、頭皮の汚れをしっかり落とすことが大事!
手にシャンプーを伸ばし、頭皮付近に手を入れて泡立てて洗います。
指の腹で優しく洗えば十分汚れが落ちるから、ゴシゴシ洗わなくてもOK!

ビューティ画像

★トリートメント中に頭皮マッサージをすると、頭皮の血行がよくなり健康的な髪に!

【STEP3】乾かしきった後は冷風をかけてツヤ感UP!

ビューティ画像

①まずはタオルドライ!
頭皮は指の腹で軽くもむようにふき取り。髪はこすらずタオルでくるみ、やさしく絞るように水分を取っていきます。

ビューティ画像

②ドライヤーをしていきます。
乾くまでは温風でOK! 仕上げに冷風をかけて、キューティクルをしっかり引き締めましょう。
髪には冷えたときの形で固定される性質があるため、しっかり冷風を当てるとクセが出にくくなります!

ビューティ画像

正しいシャンプーで健康的な美髪に♡

撮影/芝崎テツジ
モデル/雪七美

関連した記事

関連記事をもっと見る