merアプリ ファッション 折り方・幅でどう変わる? ロールアップの極意〈ワイドパンツ編〉

折り方・幅でどう変わる? ロールアップの極意〈ワイドパンツ編〉

折り方・幅でどう変わる? ロールアップの極意〈ワイドパンツ編〉

 2019.01.22

コーデによって似合うロールアップの太さが違うってご存じでしたか?
ストレートパンツに続き、今回はワイドパンツのロールアップのコツを紹介。基本はストレートパンツの折り方と一緒ですが、ワイドの場合折る “幅” が変わります!

キレイめコーデにオススメ▶1回折り

ファッション画像

裾に向かって広がりの出るワイドデニムはパンツのシルエットがきれいに見える1回折りがオススメ。太めの折り返して、裏地をしっかり見せることで足元を軽やかに。トップスはタートルニット×コンパクトカーデでバランス良く。

モデル私物(パンツ/GU タートルネック/ユニクロ カーデ/エヘカソポ )靴/スタッフ私物
ファッション画像

★Point
くるぶし丈くらいに1回折り返すのがベスト。足の甲が出るバレエシューズやパンプスと合わせて大人っぽく仕上げましょう。折り返し幅が広すぎると足元が寂しくなるので注意!

カジュアルコーデにオススメ▶くるくる折り

ファッション画像

ラフなコーデに合うのは細めのくるくる折り。細め幅の方が巻き上げる高さを調節しやすく、足元をしっかり見せたいときにオススメ。だぼっとしたシルエットになるので、細めボーダーなどで1点だけキレイめポイントを作るとうまくいく!

モデル私物(着まわしたパンツ/GU ボアブルゾン、ボーダーT/ユニクロ ニット帽/無印良品 スニーカー/コンバース)
ファッション画像

★Point
ワイドパンツの場合、指1.5~2本分の細め幅で折り返していくとスマートな印象に。
くるぶし上までしっかりロールアップして、ハイカットスニーカーや靴下で遊ぶもの楽しい!

撮影/渡邉まり子
モデル/橋下美好
文・構成/大西美音

関連した記事