merアプリ ライフスタイル インスタ映えスイーツが盛りだくさん!大阪のアジアンスイーツ専門店が話題

インスタ映えスイーツが盛りだくさん!大阪のアジアンスイーツ専門店が話題

インスタ映えスイーツが盛りだくさん!大阪のアジアンスイーツ専門店が話題

 2019.02.14

2019年1月にオープンして以来大人気の「ASIAN RAD AFTERS大阪新町店」。内装やメニューの可愛さに一目惚れする女子が後を絶たないらしい! 

インスタ映えする内装が話題!「ASIAN RAD AFTERS 大阪新町店」

ライフスタイル画像

2019年1月にオープンしたアジアンスイーツ専門店「ASIAN RAD AFTERS(アジアンラッドアフターズ)大阪新町店」。

インスタで話題になっている内装は、ブランドのイメージカラーであるラッドグリーンを基調に、大人の女性が入りやすいスイーツショップをイメージ。落ち着いた中にも、ブランドサインなど写真を撮りたくなるスポットがたくさん。

そのフォトジェニックなビジュアルから、関西の有名インスタグラマーも続々来店しているのだとか!

キュートでおいしいアジアンスイーツは見逃せない♡

そんな「ASIAN RAD AFTERS(アジアンラッドアフターズ)大阪新町店」の注目メニューはこちら!

ライフスタイル画像

【花降るフラワーバブルティー(3種)】¥740(税込)

お花の香りのついた3種の茶葉を使った上品なミルクティー。本場台湾のブラックタピオカを使用し、新鮮なミルクにフワフワのフォームをのせています。

ラインナップは、ローズのフレーバーを加えた「ローズミルクティー」(写真左)、富良野産のラベンダーにほうじ茶をブレンドした「ラベンダーほうじ茶ラテ」(写真中央)、厳選されたジャスミンティー茶葉を使った大人味の「新定番ミルクティー」(写真右)の3種類。

ライフスタイル画像

【豆花茶(ティートウファ)】¥580(税込)

日本の豆腐に似た台湾伝統のスイーツ「豆花(トウファ)」を使った新感覚スイーツドリンク。「有機豆乳」を使い丁寧に仕上げた本格台湾豆花と、台湾ブラックタピオカをジャスミンティーであっさりと仕上げています。

ライフスタイル画像

【三色バブルティー(3種)】¥740(税込)

着色料は一切使わず、天然のお茶から抽出した鮮やかなカラーが幻想的。3色の美しいグラデーションが大人気の定番メニュー。

左から順に、ブルーのタピオカとオリジナルブレンドの紅茶が楽しめる「ブルーバタフライ」。パープルのタピオカと、こだわりの本格抹茶の抹茶ラテ系タピオカドリンク「キモノグリーン」。大粒ブラックタピオカと、アラビアのスパイスを効かせた大人のレモネード「アラビアンナイト」の3種類。

ライフスタイル画像

【バブルワッフル(6種)】¥880(税込)※商品により金額が異なります

同店の看板商品、香港発祥のバブルワッフル。こちらは、ワッフル生地にカスタード、ストロベリーショートケーキアイスをのせ、ベリークリームとフレッシュな苺をブーケのように飾った期間限定メニュー「STRAWBERRY BOUQUET(ストロベリーブーケ)」。

ライフスタイル画像

【VERY BERRY CHOCOLATE(ベリーベリーチョコレート)】

ミックスベリーやカシスソースの甘酸っぱさとチョコレートが相性抜群! 女友達同士でシェアしたい一品です♡

ライフスタイル画像

【NUTTY CARAMEL(ナッティキャラメル)】

アイスと一緒に食べるバナナとキャラメルソースが絶品!塩味が効いたキャラメルナッツの食感も楽しめます。

ライフスタイル画像

【JAPANESE GARDEN(ジャパニーズガーデン)】

抹茶アイスに餡子や白玉などをトッピング。紫イモ味のクリームを使用し、味も見た目も「和」テイストを意識したバブルワッフル。

ライフスタイル画像

【BLUE CITY CHOCOLATE(ブルーシティチョコレート)】

ブルーとブラウンでコーディネートされたチョコ系バブルワッフルは、トッピングのバナナやオレオをクリームにつけて食べるのが◎。

ライフスタイル画像

【VERY BERRY(ベリーベリー)】

ピンクのクリームやミックスベリー、カシスのソースが見た目にもガーリーなバブルワッフルです。

ライフスタイル画像

【PAPER DRINKS (3種)】¥720(税込)

アジアから厳選した茶葉の華やかな香りはもちろん、「美しい色も楽しんでほしい」という思いから生まれたノート型ボトルティは、そのままストローをさして飲むのがおしゃれ!

左から順に、凍頂烏龍茶 Cold Summit Oolong tea 、茉莉花茶 Jasmine tea 、東方美人茶 Oriental Beauty tea。




出典:PR Times

関連した記事