merアプリ ライフスタイル 連休後もぐっと近づきたい!片思いの人に会いたいと思わせる方法

連休後もぐっと近づきたい!片思いの人に会いたいと思わせる方法

連休後もぐっと近づきたい!片思いの人に会いたいと思わせる方法

 2018.05.07

連休中は、それぞれ自分の用事で忙しい。
運よく彼と会えたとしても、劇的に変化があるわけではないはず。

大切なのは、連休が明けてからも定期的に会うこと。片思いをいつか終わらせて、正真正銘の彼女になれるように、今のうちから作戦を立てておきましょう。
今回は、片思いの人に会いたいと思わせる方法をご紹介します。

彼が弱っているときは誘いやすい

ライフスタイル画像

彼との距離を縮めるためには、彼が弱っているときがチャンスです。仕事のことで落ち込んでいるなら、そっと声をかける。「よかったら話聞くけど、どう?」と、優しく声をかけるだけで、応じてくれる可能性が高くなるのです。誰だって弱っているときは異性に寄りかかりたくなるはず。

ただし正式なデートというよりは軽くお茶する程度におさえておきましょう。少しずつ距離を縮めるのがポイントです。いきなり距離を縮めすぎても、フェードアウトされる原因に。あくまでも一人の友達として、彼の視界に入っちゃって!

SNSで楽しそうな姿をちら見せする

ライフスタイル画像

彼の興味を惹きつけるためには、SNSで充実している素振りをみせることが大事。表向きは、みんなに伝えているつもりでも、彼が見ている前提でSNSを更新します。たとえば、「連休中一人で旅行に行ってきました」「友達とプールに行きました」と、アクティブな姿をみると、誰の目にも輝いて映ります。

比較的、彼との距離が近くなっているなら、きっと放っておいても彼の方から誘ってくるでしょう。ポジティブなエネルギーは、ポジティブな現象を引き寄せます。

ただし、SNSはみんなが見ている場所。自慢が多すぎないように、頻度や載せる内容には配慮すること。

連休後、「久しぶり!」の勢いでデートに誘う

ライフスタイル画像

連休中に連絡が途絶えても、終わった途端に「久しぶり!」と声をかけると、彼としても新鮮な印象をもつでしょう。今まで定期的に連絡をしてきていた人が旅行などで急に音信不通になったら、たとえ彼でも「あれ?どうしたのかな?」と疑問に思いながら過ごしています。

彼から連絡がなくても、連休が終わったタイミングで自分から連絡すれば大丈夫。延々と続いていたやりとりを一度切り、お休みを入れたことで、デートにも誘いやすい雰囲気に。
「連休中は忙しいかなと思って」と彼に配慮しながら、久しぶりに学校・会社近くでお茶してみてはいかが?「久しぶり!」の勢いでデートに誘えば、彼も応じてくれるでしょう。


片思いの人に「会いたい!」と思わせるためには、自分からアプローチすることが大事。待っていてもチャンスは訪れません。行動した人にだけチャンスが訪れるもの。
連休が明けた今だからこそ、お茶にでも誘ってみて♡

文・構成/山口恵理香

関連した記事

関連記事をもっと見る