merアプリ ライフスタイル 幸せは自分で掴む!早婚・晩婚のメリット♡

幸せは自分で掴む!早婚・晩婚のメリット♡

幸せは自分で掴む!早婚・晩婚のメリット♡

 2018.11.13

結婚をしたいけど、タイミングが分からない。
結婚は、ただドレスを着ればいいわけではありません。長い人生を誰とどう過ごすか考える上で知っておきたい、早婚・晩婚のメリットをご紹介します。

■早婚のメリット「体力のあるうちに妊活準備ができる」

ライフスタイル画像

早婚のメリットは、結婚を早めにすることで若くしてママになれるという点です。20代であれば、30代よりも比較的、体力を残したまま出産の準備に入れます。また最近では35歳を過ぎても出産する女性が増えていますが、決して全員が同じ状態になれるとは限りません。

自分の人生において、結婚や出産がなくてはならない、人生の通過儀礼であるならば、早めに計画を進めておくべきかもしれませんね。今の段階で、心許せる彼とお付き合いできているなら、なおさら早めに結婚をしても問題はないでしょう。

■早婚のメリット#2「お互いに働いていれば、安定した生活に入れる」

ライフスタイル画像

早婚のメリットがあともうひとつ。それはお互いに働いている場合は、収入源が強化されるという部分でしょう。誰にも頼らず、身一つで働き続けることに対し、若いうちから不安を覚える人はいるはずです。もし、結婚や出産の予定が絶対的であるなら、早めに結婚をした方が、より計画を進めやすくなるかも。

ただし、家事分担だけは、しっかり話し合っておかないと、結局、すべての家事を任され、結婚生活に踏み切ってよかったのかと後悔することに……。

■晩婚のメリット「キャリアを充実させてからプライベートの時間に入れる」

ライフスタイル画像

早く結婚すればいいわけではありません。晩婚ならではのメリットも、いくつかあります。最大のメリットは、キャリアを充実させてからプライベートの時間に入れることです。周りが結婚・出産ラッシュを迎えている中、仕事に集中するというのは、想像以上に大変なことです。

しかし山を乗り越えるたびに、自分自身も強くなり、キャリアも厚くなります。一通りがんばった後で、スピードをゆるめ、パートナー探しをはじめるのもあり。

「今は仕事が楽しいから、結婚を考えられない」なら、それはそれで結婚するタイミングを微調整すればいいだけです。

■晩婚のメリット#2「自立したパートナーシップを楽しめる」

ライフスタイル画像

お互いに大人として成熟した段階で結婚をすると、それぞれが自立した状態のまま、共同生活に入れます。また、それぞれが納得しているなら「別居婚」「通い婚」「週末婚」のように、ひとりの空間を大切にしながら、パートナーとの時間も楽しめる関係を築けます。

お互いに揺るぎないキャリアももっていれば、豊かな暮らしが待っていますね。結婚ラッシュの時期を乗り越えたからこその「ご褒美」といってもいいでしょう。


結婚するタイミングは、人それぞれです。
大切なのは、キャリアや子育てなど、他の時間とのバランスを考えなければいけない、ということ。

自分の中で優先順位を決めながら「今なら結婚しても大丈夫」と思えるタイミングを見定めましょう♡

文・構成/山口 恵理香

関連した記事

関連記事をもっと見る