merアプリ ライフスタイル 爽やかレディを目指す!男性が「この子は清潔感がある」と感じる女性の特徴

爽やかレディを目指す!男性が「この子は清潔感がある」と感じる女性の特徴

爽やかレディを目指す!男性が「この子は清潔感がある」と感じる女性の特徴

 2018.07.07

女子から大人の女性へと一つ階段を上りたいとき、一番意識したいのは女子力というよりも清潔感があるかどうかです。メイクやファッションに気合が入っていても、髪のお手入れをさぼっていると、清潔感のない印象に。

男性ウケを考えたとき、やはり容姿を整えるのは大事。とくにそろそろ恋人がほしいと思っているなら、なおさら意識したい部分。
今回は、男性が「この子は清潔感がある」と感じる女性の特徴をご紹介します。

■地味すぎず、派手すぎないナチュラルメイク

ライフスタイル画像

男友達・Aくん。
彼はいつも女性のメイクについて熱く語ります。
「がっつりメイクしていると、女性らしさは感じない。どちらかというとイタさを感じる。でもだからといって『私はメイクをする時間さえも惜しくて、いつもすっぴん』と胸を張られるのも違う気がする。ほどよくメイクしている人が一番、俺はかわいいと思う。」

彼の持論を聞いたとき「理想が高すぎる!」と一瞬思いましたが、改めて考えると、彼の意見はかなり的を得ているのかもしれません。

年齢を重ねてきてもがっつりメイクをしているのは、さすがに危険。既婚・独身に関わらず、25歳以降、ナチュラルメイクへと戻していく女性が多い印象を受けます。きっと女子を卒業し、大人の階段を上る時期だからでしょう。

清潔感を演出するなら、やはり濃いメイクよりは、ほどよく余白のあるメイクが理想的かも。ナチュラルすぎないようにリップやチークでさし色を足し、男性の目から見ても「この子はちゃんとメイクしているな」と分かるくらいのナチュラル加減がきっとウケるはず♡

■髪の毛先までキレイ!

ライフスタイル画像

エスカレーターに乗っているときに、ぜひ一度、目の前の女性の髪に注目してみてください。どんなにメイクをバッチリしていても、美容院でメンテナンスをしていない人はすぐに分かります。

自己流のカラーリングをしていたり、毛先が傷んだままロングにしていたりと、若いうちは「若さ」だけでカバーできても、大人になるとそうはいきません。

正面から見たら20代でも後ろからみた瞬間に実年齢が分かるのです。お財布の都合上、定期的に美容院へ行くのが難しくても、セルフケアを毎日するくらいはできるでしょう。

毎日ブラッシングをしていますか?本当に毎日髪を洗っていますか?仕事や勉強、友達との時間で忙しくても、清潔感のある女性を目指すなら、まずは髪のお手入れからです。

■お手洗いに持っていくハンカチがいつもオシャレ

ライフスタイル画像

男友達Bくんと話していたときのことです。
彼は、最近の女性たちがお手洗いに行くときに何も持たずに行くのが気に入らないそうです…。理由は「ハンカチ」。ハンカチをもつのは、大人の女性としてマナー。

しかし彼は続けてこう語ります。「ハンカチを持たずに、髪の毛とかすフリしてお手洗いから出てくる人って多いよね?(笑)」と。100%の正論に対し、私は何も言えずずっと苦笑い。

清潔感を意識するなら、毎日ハンカチを持ち歩くのが理想的です。
ハンカチ=きちんとケアしているというよりも、きちんと前日のうちに翌日の持ち物を確認している様子も男性陣には伝わり、好印象をもってもらえます。

できればハンカチのブランドや柄にもこだわり、自分らしさをプラスしてみて。「お手洗いに行ってくるね」と、さりげなくオシャレなハンカチと小さなポーチを持ちながら、トイレへ向かうだけで印象がアップ♡

■ふんわりといい香りがする

ライフスタイル画像

最近は「香害」の場面に遭遇するときが多くなっていませんか?
洗剤のにおいがきつすぎたり、香水臭かったりと原因はいろいろとありますが、あきらかに自分さえもにおいを感じるのは、他人にとってはもっと迷惑です。たしかに、いい女はいい香りを放っているというのはオシャレの公式ではありますが、シチュエーションに応じて香りの度合いを調整するのは大人のマナー。

最近は食事をする場所にも、香水のにおいをつけたまま入ってくる女性がいます。あくまでも清潔感のある女性を目指すなら「ふんわり」がポイント。
ちなみにブラジャーの中に香水を少し吹きかけたコットンを入れておくと、ふんわりと香るとか。ただしお肌が弱い方はご注意を。通り過ぎた人だけが感じる程度の香りに調節してみてください♡



女子力を求める強い意思は、大人になっても必要。自分磨きをストップしたら、ますます老けていくかも…。
大人の女性になるためには、まず清潔感をキープ。独りよがりの自分磨きはそろそろ卒業して、凛とした女性になれるように方向転換を♡

文・構成/山口恵理香

関連した記事

関連記事をもっと見る