merアプリ ライフスタイル もっと一緒にいたい!彼氏に同棲を決意させる方法

もっと一緒にいたい!彼氏に同棲を決意させる方法

もっと一緒にいたい!彼氏に同棲を決意させる方法

 2018.02.27

週末会うだけだと物足りない……。もっと長く一緒にいるためには「同棲」をする必要があります。

週末に通うだけではなく、同じ屋根の下で暮らすとなると、おそらく彼も気持ちをよく整理したうえで新しいステージへと入りたいはず。
同棲までの道のりを近くするためには、自分からのアプローチも大切です。

今回は、彼氏に同棲を決意させる方法をご紹介します。

同棲したい気持ちを素直に伝える

ライフスタイル画像

彼氏との同棲を考え始めた女子は、ついつい遠まわしにアプローチしがちです。「○○ちゃんが同棲したんだって!」「いいなぁ、○○ちゃんは彼と一緒に暮らせて」と、やんわりと彼に伝えても、おそらく彼は、覚悟ができていない限り反応しません。

おそらく彼女が本気で同棲をしたがっているとは思っていないでしょう。結婚をしていない状態で一緒に暮らすからこそ、自分の気持ちを曖昧にしてはいけません。

本気で同棲をしたいと思っているなら、素直に気持ちを伝え、彼の気持ちも聞きましょう。彼の中で覚悟ができていなければ、今のタイミングではありません。

どんなに友人カップルが同棲をしていても、二人にとっては、まだそのタイミングではないということです。同棲したいと気持ちを伝えた後は、何回かに分けて話し合いましょう。

同棲したときのプランをシミュレーションする

ライフスタイル画像

彼氏に同棲をしたいと伝えるときに、何らかの提案はした方がいいかもしれません。たとえば「一緒に住むとしたらこのエリア」「家事の分担は、こうします」と、同棲したときのライフスタイルをシュミレーションし、彼に提案しながら説得するのです。

もし彼が「今は家事を手伝うほどの余力がない」と言うなら「私がやるけど、その代わりこれやってほしい」と、彼の頭の中にも同棲イメージを定着させます。

「一人の時間がとれない」と言われたら「お互いに○曜日は一人の時間にするっていうのはどう?」と、二人で話し合いながら、同棲後の生活を具体的にイメージします。
彼も想像してみて、楽しそう、新しいステージに行ってみたいと思えば、同棲する方向で一緒に準備をしてくれるはず。

彼のペースを乱すと計画が狂う

ライフスタイル画像

同棲を決意させる方向でしばらくがんばるのは大切ですが、一つだけ注意してほしいことがあります。これは実際に経験したことですが、彼が同棲に対して乗り気ではない場合、何が何でもと執着すると、関係は崩れます。

どんなに友人カップルが同棲をして、幸せそうに暮らしていても、同じペースで無理やり進めると、彼は拒絶反応を起こすのです。最悪の場合は、同棲をすすめてくる彼女が嫌になって別れるケースもあります。

すぐには決断してくれなくても、同棲をする方向で彼が考えてくれているなら、しばらくは様子を見ましょう。彼とのタイミングが合っていれば自然と物事は進みます。

大切なのは、彼のペースを無理やり崩さないこと。あくまでも、自分の気持ちを伝えた後は、あまり干渉せず、彼にはじっくりと検討してもらって。

彼氏に同意を決意させたいなら、ある程度の長期戦になることを覚悟しておいた方がいいかも。彼が決断力のない人、あるいは慎重深すぎて動きが遅い人なら、彼のペースを乱さない範囲で話し合いをしながら、最終調整に入ります。

自分の気持ちを伝えたら、一歩下がって彼の様子を見る。そんな動きを繰り返しているうちに、彼はきっと決断してくれます。

何が何でも、とガツガツ進めないように、くれぐれも気をつけて♡


文・構成/山口恵理香

関連した記事

関連記事をもっと見る