merアプリ 記事一覧 『文具女子博2018』おしゃれで便利な文房具を発見♡

『文具女子博2018』おしゃれで便利な文房具を発見♡

『文具女子博2018』おしゃれで便利な文房具を発見♡

 2018.12.14

2018年12月14日(金)~16日(日)、東京流通センターで開催される「文具女子博」。今回は、文具女子博の楽しみ方と、一足先に行なわれた内覧会で見つけたおしゃれな文房具を紹介します。

文具好きにはたまらない!文具女子博って?

画像

今回が2回目の開催となる文具女子博は、日本最大級の文具の祭典。

昨年の第1回開催時には、3日間で2万5000人以上が来場し、話題となりました。

画像

そんな文具女子博の魅力は、どこを見渡しても文房具だらけな空間であること。会場入り口にあるクリスマスツリーのオーナメントも文房具が吊り下げられていた!

今年は、123社が一度に会するとのことで、これだけのラインナップを楽しめるのは、まさにここだけ。文房具好きにはたまらない空間だろうなという印象を受けました。

画像

また、文房具との触れ合いを思う存分楽しめるのも文具女子博の魅力。

ただ単に購入するだけでなく、ワークショップや限定くじなどのアクティビティも充実しているのです。

文具女子博を200%楽しむには?

画像

会期中は、ブックカバーづくりや初心者向けDIYなどのワークショップが充実!

さらに会場のいたるところで「ご自由にお使いください」という試し書きコーナーを発見!

画像

自分のノートを持って行って、記念スタンプを貼ったり、試し書きしてみても楽しいかもしれませんね。

画像

1回200円(税込み)のマスキングテープくじでは、文具女子博限定マスキングテープをゲットできちゃうとのこと!

画像

昔懐かしの文房具がピンバッジになった「Stationary PINS Collection」は、1回400円(税込み)。

カバンにつけいるだけで、友達から注目を浴びることでしょう♪

画像

さらに今年はDrink×文具女子博のコラボカフェも登場!

飲み物とインクをかけたDrinkは全部で3種類!ピンク色のインクを入れたような「Pink」と真っ黒の「墨汁す」は、果たしてどんなお味がするのでしょうか?

ぜひお買い物につかれたら一息ついて見てくださいね♪

「Drink」×文具女子博コラボカフェ(左)Pink…レモネードに赤紫蘇がトッピングされたもの、(中)フレッシュレモネード…1から手作りのレモネード、(右) 墨汁す…レモネードに竹炭パウダーを合わせたもの
お値段はいずれも500円(税別)

注目のおしゃれな最新文房具!

画像

ECサイトや蔦屋書店で発売されている「A FLOATING LIFE」は、プランナーやTODOリスト、メッセージカード、スタンプなどを扱うステーショナリーブランド。

服やコスメを選ぶように文房具もおしゃれに自分らしくをコンセプトにしています。

画像

カラーバリエーションやデザインのトーンも豊富なラインナップ。これなら日ごろのライフログも楽しく記録できそう♪

画像

カンミ堂のブースでは、「いつもそばにある」ふせんとして人気の『ココフセン』から12月に発売されたばかりの新ライン『ココフセン ベーシック』を発見!

革のような質感のケースは、シンプルで上質感があり大人女子の本やノートに貼り付けたら、上品に。さらに、中身のふせんを詰め替えられるのでケースを繰り返し使えるのもポイント◎

画像

「マークス」のブースでは、かわいいテイクアウトカップにマスキングテープが5つは言った限定のマステ®・5巻セットが発売!

さらには来場記念スタンプもあるとのことなので、ぜひノートを持って立ち寄ってみては?

画像

オレンジと黒がシンボルカラーのブロックメモ「RHODIA」からは、「ロディアインカラー」の限定色が先行発売。

これまでビビッドなカラーの商品が多かった「RHODIA」では珍しく、パステル調なピンクとライトブルーの2色が展開。女子から人気出ること間違いなし!

画像

文房具からインスパイアされた商品として目についたのが「クレパス柄トケイ」。

懐かしのクレパスをモチーフとした時計は、子どものころ、クレパスで真っ白な画用紙に絵を描いた時のことを思い出させてくれそう。

カラーバリエーションはなんと全40色!ぜひ使用用途に合わせて使いわけてみては?

画像

この他でも会場では、文具女子が選ぶ文具女子のための文具大賞のノミネート作品が集められた「文具女子アワード」のブースも!

ぜひ文房具だらけの空間の中から、あなたのお気に入りを見つけてみてくださいね♪

【開催日時】2018年12月14日(金)~16日(日) 10:00~17:00<最終入場16:00>
※16日(日)は、16:00閉幕<最終入場15:00>
【会場】東京流通センター 第二展示場 Eホール・Fホール
(住所:東京都大田区平和島6-1-1)
【入場料】500円 ※小学生以下無料、男性もご入場いただけます。
【主催】文具女子博実行委員会(企画・運営:日本出版販売株式会社)

取材・撮影・構成・文/於ありさ

関連した記事