merアプリ ハンドメイド どこよりも詳しい、簡単かわいいリボン刺繍のやり方【大花編】

どこよりも詳しい、簡単かわいいリボン刺繍のやり方【大花編】

どこよりも詳しい、簡単かわいいリボン刺繍のやり方【大花編】

 2018.05.12

ハンドメイド好き必見!! ぷっくりとした立体感がかわいいリボン刺繍をご存じですか?リボンを針に通して刺すだけで、とってもかわいいモチーフができちゃうんです!リボン刺繍のやり方第2弾は、華やかな大花の作り方を丁寧にレクチャーします。

リボン刺繍って?

ハンドメイド画像

リボン刺繍とは、名前の通りリボンを使って刺す刺繍のことをいいます。
刺繍糸よりも幅が広いので、早く簡単に仕上げることができます!

コツは、やさしく扱うこと!!!

☆用意するもの☆

ハンドメイド画像

・リボン やわらかくて、しなやかなものがオススメ
(今回は 3mm と 9mm 幅のオーガンジーリボンを使用)

・布 しっかりした生地がオススメ
(今回はシーチングを使用)

・刺繍糸 葉っぱの部分で使用します

・ビーズ お好みでどうぞ

・針 穴の大きい刺繍針か、リボン刺繍用のものがオススメ

・はさみ
・リッパー

※リボン刺繍はゆとりをもたせることと、シワをできるだけつくりたくないので刺繍枠は使いません!

☆STEP1☆準備、玉結びをする

ハンドメイド画像

準備、玉結びのやり方は、こちら ↓↓↓
どこよりも詳しい、簡単かわいいリボン刺繍のやり方【小花編】

☆STEP2☆お花を刺す(ストレートステッチ)

ハンドメイド画像

①裏から針を刺します。

ハンドメイド画像

②出てきたリボンをゆったりと置きます。

ハンドメイド画像

③出たところからだいたい 1cm くらいの箇所をリボンの上から真ん中めがけて刺します。

ハンドメイド画像

④裏に出したリボンをやさしく引きます。

ハンドメイド画像

※ポイントは、リボンを引きすぎないこと!
 少しふんわりとした状態がベスト◎

ハンドメイド画像

⑤次の花びらをつくるため、横から針を出します。

ハンドメイド画像

⑥真ん中の赤い丸を囲うようなイメージで、①~③の行程をくり返し、青い点線のあたりに花びらをつくっていきます。

ハンドメイド画像

こんな感じ。
花びらの大きさがそろっていないほうがナチュラルでかわいい♡

ハンドメイド画像

⑦裏返して、ゆるく固結びをしたら 0.5~1cm のところでカットします。

☆STEP3☆花の中心をつくる(フレンチノットステッチ)

ハンドメイド画像

①中心から少しずれたところに針を出します。
(③で、横のあいたスペースに針を刺すため。)

ハンドメイド画像

②布から出ている方のリボンを針に1~3周ほど巻きつける。(この写真は3回)
※巻きつける回数は、花の大きさに合わせて変えるとバランスがいい◎

ハンドメイド画像

③針にリボンを巻きつけたまま、真ん中のあいているスペースに刺して引っ張ります。

※裏のリボンに刺さると針が抜けにくくなってしまうので、できるだけ避けて刺すと良いです!

ハンドメイド画像

こんな感じ。

ハンドメイド画像

⑤続けて花のモチーフをつくりたい分だけ刺していきます。

ハンドメイド画像

④裏返して、ゆるい固結びをしてカットします。

☆STEP4☆はっぱを刺す

ハンドメイド画像

葉っぱの刺し方は、こちら ↓↓↓
どこよりも詳しい、簡単かわいいリボン刺繍のやり方【小花編】

☆完成☆

ハンドメイド画像

お花と葉っぱが刺せるだけで、とってもかわいいモチーフができちゃいます!
ちょっと変な形になっても、それがかわいく見えたりもしますよ!
第1弾の小花と組み合わせて、かわいいお花のブーケを刺してみてください♡

写真・文/大西美音

関連した記事

関連記事をもっと見る