merアプリ ファッショニスタ 太田夢莉の「行かないとないもの」/宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)

太田夢莉の「行かないとないもの」/宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)

太田夢莉の「行かないとないもの」/宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)

 2018.12.23

merモデルとして活躍する、太田夢莉のアプリ版連載。コミュ障の彼女が「行かないとないもの」を探しに街へ繰り出し、新たな発見をみなさんにご紹介します。今回は憧れの宇宙を体感できるミュージアム『TeNQ』さんにお邪魔しました。

こんにちは、太田夢莉です。

ファッショニスタ画像

皆さんこんにちは!
最近はヒートテック無しでは過ごせない冷え性の太田夢莉です。今回は私がずっと行きたかった場所、宇宙ミュージアム「TeNQ」さんにお邪魔してきました! 

もともとブラックホールのように未知の空間は本当にあるのか、人はどうやって誕生したのかというのが気になり、学校の教科書やインターネットの情報のように「これがこうだからこう」という淡々とした説明では納得できず、もっと詳しく知りたいと思って、一年前からずっと行ってみたかった場所なんです。

小学生の頃、将来自分はどんな仕事をしたいんだろう...と考えた時に、誰も観ていない景色が観たいと思い、宇宙飛行士になりたい!と思ったこともあります。元々宇宙には興味があって、瞬間瞬間で変わるその景色を観たいなと。

実際に宇宙に行ったような体験

ファッショニスタ画像

まずは【はじまりの部屋】からご案内します。
こちらはプロジェクションマッピングで過去から現在まで人々の宇宙への想いを再現しているエリア。入ると椅子が並んでいて、頭の中に?が浮かびました。座ると部屋全体がスクリーンになって、宇宙の過去~現在までの映像に見入ってしまいました。

ファッショニスタ画像

お次は宇宙を見下ろす【シアター宙(ソラ)】です。
宇宙から地球を見るという設定で、擬似的に宇宙空間を体験することができました。

プラネタリウムなどで宇宙を見上げることはあっても、宇宙から下の景色を見るのは初めてで楽しかったです。壮大で、自分は今こんなところに住んでいるんだ…と考えさせられました! いつかは宇宙に行ってみたいという夢が少し叶いました!

ファッショニスタ画像

次は、東京大学総合研究博物館の研究を展示した【サイエンス】というエリアです。
特に詳しくお話を聞いた火星が、人がまだ行ったことのないマイナス50℃の星なんだそうです。ここはその火星を再現したコーナーで、本物の火星の隕石もありました。

ファッショニスタ画像

2025年に火星移住を実現させるプロジェクト「マーズ・ワン」計画のことは、もともと知っていました! 宇宙に興味を持ち始めた時に、その記事を見て衝撃を受けたんです。火星へは片道切符で、もう地球には戻ってこられないと。私も行きたい!と思っていましたが、冷静に考えてみると、火星へ行くまでのトレーニング、精神的苦痛に耐えられる気がしませんでした(笑)。

重力や気温など問題は沢山あると思いますが、当たり前の地球生活から踏み出すこの計画を、私は凄く楽しみにしています!

ファッショニスタ画像

次は遊べるエリア【イマジネーション】です。
「宇宙自分診断」は足元の質問に答えると、自分と同じような宇宙人を教えてくれるんですが、私は“レプティリアンタイプ”でした! 「社交的で野心家」「賢くてちょっとズルいところもある」「あまり目立たないけれど本当は絶大な力を持つ人」と出ました、、う、う〜ん?(笑)

ファッショニスタ画像

「アストロボール」というゲームが凄く難しかったです。
ボールを落とさないように奥まで運ぶゲームなんですが、難しくて私が苦戦していて、mer編集部の方にお願いしてみたら、一瞬でクリアなさり笑いが起きました(笑)。もしかして難しいと思ったのは私だけなのでしょうか…?!(笑)

映えスポットも一人で満喫しました。笑

ファッショニスタ画像

でっかいトリュフーー!

ファッショニスタ画像

安眠安眠〜〜〜

ファッショニスタ画像

1人↔1人じゃない、1人じゃない↔1人(笑)

ファッショニスタ画像

宇宙人の足がガリガリすぎて、心配になりました(笑)。

宇宙を感じたら、自分ってちっぽけだなって。

ファッショニスタ画像

最後の宇宙グッズ売り場には面白いものが沢山あって、宇宙食や宇宙の匂いスプレー、宇宙をモチーフにしたアクセサリーなど興味深々でした。

写真を撮ったり、映像やゲームで楽しみながら学習ができるTeNQさん! 女性1人で宇宙を体験しに行くのもあり、ご家族やお友達と楽しく行くのもよしです!! 

ファッショニスタ画像

宇宙を全身で体感すると、自分ってちっぽけだなぁ、、と思ったんです。自分の悩みや辛さなんて宇宙からしてみると、「え?そんなことで?」って思うようなことだと思います。だから、考えることは大切ですが考え過ぎず、悩むことは大切ですが悩み過ぎず、楽観的な部分も持った方が良いと気付かされました。また来たいです!!

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)
■住所:東京都文京区後楽1-3-61 黄色いビル 6F
■営業時間:平日 11:00~21:00(最終入館20:00まで)
土日祝・特定日 10:00~21:00(最終入館20:00まで)
■料金:《当日券》
一般 1,800円
シニア(65歳以上) 1,200円
学生(高/大/専門学生)当日券 1,500円
4歳~中学生 1,200円
※4歳未満入館不可(ファミリーデーを除く)
■HP:詳しくはこちら


撮影/渡邉まり子
文/太田夢莉
サポート/祖谷美帆

関連した記事

関連記事をもっと見る